*

ピックアップ

自らのレベルを上げる

外為取引初めての方がFXの要を探すためにはまず最初に学習を繰り返すことが必要です。

 

特に、先に危険性を感づくようになるためには、ミスを積み上げることも重要です。

 

言うまでも無く、ミスをするといっても、命取りとなるほど重大な失敗をする事は話になりません。

 

やり直しが効くケアレスミスを何回か経験することが、結論として自らのレベルを上げてくれます。

 

れを考えると、まず最初はわずかな額でエントリーしていくつか取り戻せるマイナスを経験することが必要です。

 

一例として、100万円しか投資する余裕が無い方が、考えなしで全て使ってエントリーすると、損した時、金輪際再起できなくなってしまう恐れがある。

 

それより、一例として資金の10%ずつ分けてエントリーしてこれによってエントリーを積んだ方が、じょじょに失敗を補う技術なども身についていくはずです。

 

少額資金で取引する事のメリットは体験を増やし、失敗をコントロールする術を身につけることにあるがそれと一緒に、売買の回数を増やすことによって、リスクを削減できるという価値もあります。

 

想定として、1回あたりの売買で利益を上げられる確率が5割だとしよう。

 

すなわち、同じ確率で負けるリスクもあります。

 

勝率50%ということは半分半分の確率で勝利できる事を意味しています。

 

ところが、全てを賭けて1回こっきりの売買をするということは、勝つか、負けるかのいずれかになります。

 

これはたんに丁半バクチと同じです。

 

言い換えれば、全ての財産をつぎ込んで1回しか勝負しないと、その分だけマイナスになる可能性が大きくなります。

 

そのため、資金を1度に全部投じるのではなくいくつかに分けて、チャンスを増やす事がリスク分散となります。

 

だからといって少しずつに分割しても全てのエントリーで利益を出す必要はない。

 

と言うよりは、全て勝つことは出来ないのが現実です。

 

トレードで大切なのはどれだけ稼ぐかです。

 

勝ち負けが同じでも仮に勝率3割でも儲かる時は儲かります。

 

それ以上負けてもその損益が少なければわずかな勝ちのプラスだけで十分利益を上げられます。

 

そのために重要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることだ。

 

マイナスになったら直ちに損切りして、逆に儲けられる時は出来るだけ大きく利益を出す事が、外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方が為替で勝利するための方法です。

 


しっかりとした戦略を建てよう

実際にノートPCの画面の前に座り、止まることなく上下動している為替相場を見てしまうと直ちに注文をしたいという衝動が沸き起こる事も多いと思います。

だが、なんとなく勘で注文するのは、絶対に避けてほしい。

ご覧の通り、市場は四六時中いかなる時でもいずれかの国で市場が変化しているしマーケットも休みなく、変化しています。

 

しかし、だからといってトレードをすると、その分損失が生じる確率が高まってしまう。

 

当然、売り買いの回数を増やすことによって、じょじょに稼げる確率か半々になるのは事実です。

 

でもその事実は「なんとなくアイデアで注文」してしまうこととは話が違います。

 

売買回数を積むという意味は、自ら「ここで勝負」と考え付いた感覚を得たところでのエントリー回数を増やすという意味です。

 

格段の理由がなく、連続してエントリーを経験するのとは明らかに違います。

 

外国為替市場の勝負に勝利するためには、白分で意識的にメリハリをつけることが必要です。

 

「ここはいける」と思い至った外国為替市場の時にはいっそ持っているポジションを増やして、集中して利益を追い求めます。

 

「ちょっと難しい外国為替市場でどう動くのか読めないな」と思った時は執着しないでポジションを諦めて黙っています。

それぐらいのけじめをつけた方が結果的にトレードは成功します。

 

市場の金言には「休むも相場」というものがある。

文字通り言葉どおりだと思います。

 

FXとは何も常に売買ポジションを所持する事が大事ではなく、どの売買ポジションも持たずにじっと待っている事も時には、相場です。

 

そうであるならば、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

 

最初に言われるのが前述したように、今の外国為替市場がしっかりと理解できない時です。

 

今後上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は考え無しで行動すると、自身で思ったシナリオとは違った方向に外国為替市場が変動してしまい損をする事になります。

 

そのため、そういった場合はポジションを無くしてそのまま何もしないで静観を決め込むのが唯一出来る事です。

 

第2に、己の体の状態が思わしくない時です。

体の状態と外国為替相場につながりがない感じる人もいますが実際には大きく関係があります。

体の調子がよくなければマーケットのミスできない局面で、必要な判断を下すことが難しくなります。

http://roslbmym.anime-movie.net/

やる気がわかない時は取引から目をそらす事も重要な事です。