*

しっかりとした戦略を建てよう

実際にノートPCの画面の前に座り、止まることなく上下動している為替相場を見てしまうと直ちに注文をしたいという衝動が沸き起こる事も多いと思います。

だが、なんとなく勘で注文するのは、絶対に避けてほしい。

ご覧の通り、市場は四六時中いかなる時でもいずれかの国で市場が変化しているしマーケットも休みなく、変化しています。

 

しかし、だからといってトレードをすると、その分損失が生じる確率が高まってしまう。

 

当然、売り買いの回数を増やすことによって、じょじょに稼げる確率か半々になるのは事実です。

 

でもその事実は「なんとなくアイデアで注文」してしまうこととは話が違います。

 

売買回数を積むという意味は、自ら「ここで勝負」と考え付いた感覚を得たところでのエントリー回数を増やすという意味です。

 

格段の理由がなく、連続してエントリーを経験するのとは明らかに違います。

 

外国為替市場の勝負に勝利するためには、白分で意識的にメリハリをつけることが必要です。

 

「ここはいける」と思い至った外国為替市場の時にはいっそ持っているポジションを増やして、集中して利益を追い求めます。

 

「ちょっと難しい外国為替市場でどう動くのか読めないな」と思った時は執着しないでポジションを諦めて黙っています。

それぐらいのけじめをつけた方が結果的にトレードは成功します。

 

市場の金言には「休むも相場」というものがある。

文字通り言葉どおりだと思います。

 

FXとは何も常に売買ポジションを所持する事が大事ではなく、どの売買ポジションも持たずにじっと待っている事も時には、相場です。

 

そうであるならば、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

 

最初に言われるのが前述したように、今の外国為替市場がしっかりと理解できない時です。

 

今後上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は考え無しで行動すると、自身で思ったシナリオとは違った方向に外国為替市場が変動してしまい損をする事になります。

 

そのため、そういった場合はポジションを無くしてそのまま何もしないで静観を決め込むのが唯一出来る事です。

 

第2に、己の体の状態が思わしくない時です。

体の状態と外国為替相場につながりがない感じる人もいますが実際には大きく関係があります。

体の調子がよくなければマーケットのミスできない局面で、必要な判断を下すことが難しくなります。

http://roslbmym.anime-movie.net/

やる気がわかない時は取引から目をそらす事も重要な事です。

 



コメントする